ケータイ小説 野いちご

氷点下できみを焦がしたい




「今日から文化祭準備が本格的に始まるから、協力しろよ」
 
「……」

「おい、聞いてんのか笹木」

「っ!はい!」


永遠くんの鋭い声が耳元で響いて、思わずびくっと肩を揺らす。


「ぼーっとしてんなよ」

「ご、ごめん……」

「……どうかしたか?」

「いや、何も!」

「いつもならもっとうるせえだろ。なに、具合悪い?」



今日は真緒くんが日直で遅くなるので、私は永遠くんとふたりきりで生徒会室にいる。


……おかしい。こんなの、おかしい。
なんでこんなに、永遠くんがキラキラして見えるの。



窓から差し込む太陽の光が、永遠くんの白い肌に影をつくる。光に透けたミルクティー色の髪が、実際よりも薄い色に光る。

長いまつげが頬に落とす影も、腕まくりしてプリントを持っている腕も、可愛い襟足も。


あまりにも綺麗で、眩しくて、消えちゃうんじゃないかってくらい儚くて。

なんだか、泣きそうになってしまった。




< 48/ 246 >