ケータイ小説 野いちご

今日から私、キケンでクールな彼に溺愛されます。



まー兄は超能力者なんじゃないかと疑う。



ズバッと当てられて何も発さない私に、前をまっすぐ向きながらニヤッと笑うまー兄。



「光聖じゃあ、男性恐怖症は克服できなかったかぁ」

「……告白断ったことも、分かってるの?」

「あぁ。おまえの反応見てれば分かる」



さすがまー兄……頻繁に会ってるわけじゃなかったけど、それでもちゃんと私のことを分かってくれているんだ。



お兄ちゃんがいてよかったなと改めて思った。



「でも、高校生活楽しそうにしてるみたいで安心した」

「……心配してたの?」

「そりゃ心配するだろ。バカばっかりいる高校だし。お兄ちゃんは可愛い妹が心配で心配で仕方ないんですよ」



少し照れながらそう言うまー兄。



まさかそんな風に心配してくれてたとは知らなかった。

……思わず、泣きそうになった。



泣きそうになるのをこらえるため、後ろからまー兄の両頬を指でつっついた。


< 103/ 385 >