ケータイ小説 野いちご

私に恋する可能性




「お前死ぬのかよ次回。絶対見たくないなそれ」


げろ

この声はっ


「きょ、キョーシ・イヌカーイ」


「あ、やっぱそれ俺なの?」


「な、なんですか、まさかまだ仕事を押し付ける気ですか?」


「いや、今日はいいよ。お前以外みんな帰ったし」


ええ、なんですって?

いつのまに


「ひどいわっ…こんな乙女をこんな夜遅くにボッチで帰すなんてっ!
鬼畜よぉ!きてぃくよぉっ!」


「お前…頭おかしくなったか?ついに」


「いえ、通常運転です」


「そうだな」


はぁ…疲れた

帰ろう


「じゃあ全員帰ったんで私も帰っていいですね」


「あー…お前最近どうなの?多岐と」


え…


えっと


「…まあ…」



「へへ」


思わず顔がふにゃける


「…え、まじで?」


なんだその顔は

そんなにありえないとでも?


「なんですか!」

「いや…なんでもない」


なんじゃよ


「…えと…送るわ、駅まで」


…へ!?

いま、え!?

送るって言った!?


「送ってくれるんですか!?」

「駅までな」


ええ!?やった!!


なんでなんで??


「流石に遅すぎるからな。お前歩きだろ」


「はい!うわー!やった!ラッキー!」


キョーシ・イヌカーイは味方のようですね


「さっさとしろ」


はーい!




< 149/ 270 >