ケータイ小説 野いちご

同居中のイケメン幼なじみが、朝から夜まで溺愛全開です!


「女関係での悩みなら、この俺に相談してね」
「そうだよ、俺にも話せよ。千景」


話す気はないが──。


「今野って男、知ってる?」


「今野? ちょっと待って」


タブレット端末を操作しながら、なにかを打ち込んでいるらしい省吾。


その隣で春が眉をひそめた。


「サッカー部のイケメンだろ? やたらギャラリーが多くて、女子にきゃあきゃあ言われてる有名人」


ふーん……サッカー部、ね。


「お、出た出た。今野裕太(ゆうた)、15歳。兄と父母の4人家族で、両親は商店街の中にある小さな食堂を経営してる。


A型、いて座。絵に描いたような優等生で、クラスメイトからの人望も厚い。一般クラスでの成績は上位。サッカー部の次期エース候補でもある。


外部生だけど人懐っこい性格なので、先生たちからの評判もいい。文句なしにカッコいい男だな」




最後に感想を添えて、省吾がタブレットを見ながら読み上げた。


どこ情報だよ、それ。


勝手に生徒のデータベースをハッキングしてんじゃないだろうな。


「ふはは、企業秘密に決まってんだろ。安心しろ、犯罪に繋がることはしてないから」

そうは言うけど、怪しすぎる。


けど今野って、思ってた以上に……やるな。



< 164/ 457 >