ケータイ小説 野いちご

キミに恋なんてありえない!?



「い、いつから?」


「あらあら、割れちゃったわね。
明日顔合わせだから」


「が、学校は?」

「転校よ」


う、嘘でしょ……
私に弟?小学生とか?再婚?お母さんが?あんなにお父さん大好きだったのに?


私のお父さんは私が小学生の頃病死。そこからずっと2人だった家。

引っ越すってことだよね……

話が急すぎてついていけない。私にお父さんと弟が出来る。


「明日から宇佐美萌桃になるわね、ふふ。
新しい学校、萌桃可愛いから心配だわ」


「笑ってる場合なの、、?」


呑気なお母さんに呆れながら明日の準備をして寝た。




< 2/ 319 >