ケータイ小説 野いちご

【短編】僕の本気




「それに誰にでも優しいから小林ちゃんもそっちに行っちゃうかもね」



絶対そんな事させない。



「小林ちゃん結構モテるから、良い男が出てきたらるいなんてポイされちゃうかもね」


「そんなやつ出てきたら抹殺する」


「おー、怖い怖い」



茜ちゃんは僕以外の男と話すことなんてなかった。

むしろ、僕の事を落とそうと必死だった。


それが可愛くて仕方なくて、茜ちゃんが欲しい言葉もあげられずにいた。



< 19/ 51 >