ケータイ小説 野いちご

【短編】僕の本気



「なになに、るい君よぉー。何でまたそんなにイライラしてるの」


「うるさいなぁ翼」


「あ、もしかして愛しの茜ちゃんの事かな?」


「ねぇ、名前で呼ばないでよ」



僕以外のヤツが呼んでいいと思ってんの?



「はいはい、ごめんって。で、どうしたのよ」


「茜ちゃん、浦ってヤツにノート貸すって言ってた」


「あぁ、浦ってサッカー部のエースじゃん。アイツはフレンドリーだから小林ちゃんとも仲良くなったのかもね」



ムカつく。




< 18/ 51 >