ケータイ小説 野いちご

【完】大人の世界~甘美な毒に魅せられて~

「ねえ、アヤちゃん」

突然あごを持ち上げられた。

「きゃ…」

RYOさんだった。

彼が人差し指で私のあごを軽く持ち上げていた。

私は抵抗することなどできるわけもなく…。

泣きたい気分だった。

瞳が潤む。

「本当の君はこんなにきれいなんだよ。もっと人生を楽しんでみたら」

その途端、ふわりと唇がふさがれた。

彼の顔が近すぎて…。

私は思わず目をぎゅっと閉じる。

目じりから温かい雫が零れ落ちた。


< 80/ 353 >