ケータイ小説 野いちご

キミが可愛くてたまらない。



なんだかいろんな感情でいっぱいになって、その場にへたり込む。

私……どうして気づかなかったんだろう、本当に。

そういえばこうくんとは、今まで恋愛関係の話をしてこなかった。

好きな人がいるとか、どんな子がタイプだとか。

一度だって、聞いたことがない。

まさか……自分がその対象になっているなんて、思ってもいなかったから。

あんなにカッコよくてモテモテなのに、どうして彼女を作らないんだろうって、
ずっと不思議だったけれど……。



『……俺のほうこそ。真由の嬉しそうな姿見られて、楽しかった』



こうくんの言葉と表情を思い出し、再び顔に熱が集まる。

どうしよう……こうくんと顔を合わせるのが辛いっ。

ドキドキと胸の高鳴りが止まらない。

昨日まで優しい幼なじみだったのに……。

こんなこと知ったらもう、ただの幼なじみとしてなんて見られないよっ……。

顔を隠すように両手で覆って、私はその場にゴロンと寝転んだ。



< 79/ 136 >