ケータイ小説 野いちご

好きになってはいけません。




蒼はお金持ちなわけじゃないけど、勉強で特待生枠をとったとか…。


そこまでしてあの学校に行きたかった理由は?


あんな酷いことする人がいる学校に行きたかった理由は、なんなんだろう?



「柚」


「……ん?」


「蒼のこと、考えてた?」



不安そうにクマくんが言う。


……考えた、考えてたよ。


でも、クマくんが心配するようなことじゃない。



「あの学校の人に影響されると、
あんなに冷たい人になれるんだなって考えてた」



『謝りにきた』



後ろめたさなんて別にないくせに。


“いい人”にでも思われようとしてたのかな。



……汚い人。





< 25/ 258 >