ケータイ小説 野いちご

組長が惚れた女


美花「桃ちゃん…」



桃「?!…美花ちゃん何?!」



美花「いつ話すの?」



桃「んん〜帰りなんてどうかな?」




美花「うん…いいよ」




桃「よかった!笑」




美花「それからやっぱり二人で話そ?その方がいいんでしょ?」



桃「本当に?!ありがとう!笑」



  何この女…急に




美花「本当は瑠生も連れて行きたかったけど、それじゃあいつまでも前に進めないから…それじゃあ」




   バカじゃないの笑笑
自分からまた闇に落ちていくなんて笑
それから放課後になり私は美花を場所も何も言わずに「来て?」とだけ言い、ある所に連れて行った。



美花「それで話って何?」



桃「…あんたいつのまにかあんないい男捕まえたの?」




美花「え?」




桃「私みたいに猫被って組長落としたの?笑それとも金?ねぇ?教えて?どうやって落としたの?」




美花「桃ちゃんそれを話すために私と話したいと思ったの?」




桃「は?それ以外に何があんの?」




美花「桃ちゃんはこれ以上私に何を奪うの?」




桃「全部よ今の彼氏も私にちょうだい?笑あんたじゃ釣り合わないわよ?笑私なら釣り合う、だからちょうだい?今関わってる男て全員」




美花「それはできない」




桃「は?」




美花「私、あの人だけはあなたにあげられない!絶対に奪わせない!」




桃「は?あんた何様のつもり?元姫のくせに、それにどうせ私が可愛く猫名で声を出せばあの組長さんも私をすぐに好きになるは笑」




美花「…っ」




桃「実際にそれで私はあんたの居場所も彼氏も奪うことができたんだから!笑」






美花「そう、でも何度も同じ目は合わないんだから!」





桃「本当にそうかしら?笑」





美花「え?」





桃「さすがに同じ手はバレそうだから違うてを使うつもり」





美花「…」





桃「美花に教えてあげる笑」




美花「そんな事教えたら意味ないんじゃ…」





桃「教えても美花にはどうすることもできないからだよ笑」





美花「どう言うこと」




桃「それはね笑」




美花「…?!な、なに!」




   やっぱり美花かってバカな女笑一人でノコノコ来るなんて笑後ろに私の犬がいるとも知らずに笑




桃「ご苦労様」





男「ああ」




桃「その女好きにしていいわよ笑」




男「お前、最悪だな」




桃「当たり前でしょ笑私の思い通りに動かない人間なんて要らないのよ」




男「もし見つかったらどうすんだ?」




桃「監禁とか売り飛ばすとなんとかして、とにかく私の前に現れないようにして、あとみんな私を信じるから大丈夫笑」




男「了解笑」




   ふふ笑やっと消えてくれる、時間かかっちゃったけどこれで一安心笑あとはあれを送れば笑
美花あんたは目を覚ましても今の彼氏さんには迎えにきてもらえないのよ笑あんたが絶望する姿目に浮かぶは笑




桃「それじゃあ」





  私はある動画を美花の彼氏さん、組長さんに送った。その中身は私がどれだけかわいそうなのかを撮られた動画笑笑




桃「結局最後に笑うのは私なのよ笑…あはは笑笑あはは笑笑笑笑」

< 30/ 79 >