ケータイ小説 野いちご

お兄ちゃんの友達と、秘密のキス。

私も昔はお兄ちゃん子だったから、ただ心配してくれてるんだなぁと思って、中学の頃まではお兄ちゃんの言いつけを忠実に守っていたけれど、最近それがちょっと窮屈になってきた。


高校二年生になった今、周りのみんながどんどん彼氏をつくるようになったり、恋愛を楽しんでいるのを見て、すごく羨ましくなって。


自分も恋がしてみたいなぁって憧れるようになったから。


まだ、自分から誰かを好きになったことはないけれど、いつか素敵な出会いが訪れないかなぁなんて思ってしまう。


だから合コンにも、一度くらい参加してみたいなと思ってはいるんだけど……。


お兄ちゃんのことだから、私が合コンに行ったなんて知ったら、めちゃくちゃショックを受けそうだし、ますます口うるさくなりそうで怖いんだ。


「お兄ちゃんにはバレないように何かあったら私が口裏合わせるし、協力するからさ! ね、今回だけでいいから! 椎奈も合コン参加してみようよ〜!」



< 4/ 51 >