ケータイ小説 野いちご

【完】君に惚れた僕の負け。


……朱里くんめ。



まんまと遅刻させられたあたしは、先生からお小言をもらうことから二年生が始まってしまった。



休み時間の今も頭の中を占領しているのは、朱里くんとのある一件。



『キスもまだのお子様だもんな』



今朝、高笑いした朱里くんを思い出す。



朱里くんは、覚えてなかったんだ……。あたしに、キスしたことを!


だけど。


『誰としたんだよ』



憤怒のような驚愕のような形相で詰め寄ってきた、あの様子。



もしかして“覚えてるけどそれには触れるな”。とか、そういうものすごい圧力の牽制だったのかな?



いや、そんなわけないか。




覚えてないなんてぇ……っ。



ドンっとこぶしで机を殴る。




< 30/ 421 >