ケータイ小説 野いちご

【完】君に惚れた僕の負け。

梅雨真っ只中の雨でちょっと憂鬱な月曜日の朝。




朱里くんは起き掛けに言った。



「こんど恋々のクラス覗いてみようかな」



なんのために?



そう思ったけど、休み時間のたびに教室の外を確認してるあたしがいる。



まるで授業参観に遅刻しているママを待つ心地。




……今日はこないのかな?




お昼休みも半分以上終わったもん、きっと来ないんだ。



< 156/ 421 >