ケータイ小説 野いちご

【完】君に惚れた僕の負け。


「できたよ」


すっと、恋々の手元にスマホをすべらせた。


「ん?」



和やかな顔は一変してぎょっとしたものに。



「なにこれぇ……っ、勝手になにしてるの!?こんなの……カップルみたいじゃん」



スマホケースをとりはずそうとでもしそうな恋々の手を、俺の手は迷いなく覆うよね。



「剥がしちゃ駄目」


「えぇー……!」



恋々の隣で、ちょっと垂れ目なその目をみながら頬杖をついて聞く。



「俺との写真いれとくのってそんなに嫌?」



今、ごくっと唾のみんこんだよね。



「恋々?」


「そ……そんなことは、ないけど」


「じゃあいいよね」


「……うん」



恋々の手はスマホから離れた。



こんなに単純でちょろいのに。


一億回目の心の声が口から出そうになる。



なんで俺を好きになんないの。




「この朱里くん可愛いから、いっか。うん、大事にするね」



そうやって、ふにゃっと笑うだろ?



……っ、だから。
そういう可愛い顔して言わなくていいの。





7.君の魔力は相当ホンモノ
(どんどん好きにさせられるのは俺のほう)

< 133/ 421 >