ケータイ小説 野いちご

【完】君に惚れた僕の負け。


「その甲斐あって、おじさんもおばさんも15年分の俺を評価してくれたよね」



どきどきどきどき。



男慣れのおの字も知らない心臓は速まっていくばかり。



ごつん、とあたしの額に、彼の額がぶつかる。


ひぇぇ……!!



「ねぇ恋々、聞いてんの?」



くつくつと笑い、肩を揺らす朱里くん。


しゅ、朱里くんの、女ったらし……っ!


あ、やばい、くらっとしてきた。



「海外なんかに恋々をやるわけねーじゃん」



だから最後の小さい声はよく聞こえなかった。








1.はじまった同居生活
(全部、俺の計画どーり。)

< 16/ 421 >