ケータイ小説 野いちご

訳あり冷徹社長はただの優男でした

断りたいのに暇な私は断るすべを知らない。
だって喪女だから。
嘘のひとつやふたつつけばいいとは思っているのに、変に正直で素直なところがある私は嘘が苦手なのだ。

それに、私が断ったらこの子はどうなるの?

そんなことを考えてしまう時点で甘いのだ。
甘いことは自覚している。
嫌々ながらも預かって、イライラしたりでも可愛いなと思ったり。
散々振り回されて疲れて、やっとお迎えに来たと思ってほっとしても、家に一人になると何故か少し寂しくなる。

何度も何度も預かるうちに、私はすっかり姪っ子“すず”と打ち解けた。
おむつ替えも完璧だ。
まだ二歳のすずは、たくさんおしゃべりはするけれどまだ言葉が心もとない。
でも私のことは“ねえね”と呼ぶ。

そんなある日のことだった。
すずを預けるだけでは事足りず、本当に押しつけられてしまうという事案が発生したのだ。

< 4/ 112 >