ケータイ小説 野いちご

組長が惚れた女



美「どこ行くの?」




桃「ショッピングモールよ!今スイーツバイキングがあるの!行こう」




桃ちゃん私を元気ずけるために……なのにこんなに落ち込んでたら桃ちゃんだって辛いだけだよね……




美「うん笑」




桃「わぁー……美味しそ笑」




美「ほんとだね笑」




桃「さ、飽きるまで食べ続けるわよ!」





美「おう!笑」





桃「このモンブラン美味し〜甘さを控えてて食べやすい!」





美「このいちごタルトなんて贅沢だよ!いちごがこんなに!」





桃「ほんとだ笑ひと口ちょうだい!」





美「いいよ笑」






なんだから少し落ち着いた。




桃ちゃんに感謝しかないよ笑




桃「ふう〜結構食べたわね笑そろそろ帰ろっか笑」





美「うん笑」




楽しく桃ちゃんと話しているとショッピングモールで私の好きな人が横を通り過ぎた。



美「え……」





見間違えだよね?……



もし暁さんなら私に声をかけてくれるはずだもん……





桃「ねぇ、今の人美花の彼氏に似てなかった?」





やっぱり見間違えじゃなかった。




私は後ろを振り返り暁さんを見ると知らない女の人と腕を組んで楽しく話してた……笑っていたのだ。





美「どういうこと……」






桃「美花……」





確かめなきゃ!





桃「あ、美花!」






美「暁さん!」




暁「……」




その人は足を止めた。




やっぱり暁さんだ




?「暁この子誰?」




暁「知らねえ、」





美「え……」





?「ふぅ〜んあんたもしかして暁の追っかけ?笑ウケる」




美「……」





暁「誰かは知らねぇけど気安く話しかけるな」





美「どういうことか説明してください!」




暁「何をだ」






美「この状況をです」





暁「他人のお前に話すことなんてあんのかよ、てか邪魔、失せろ」





美「?!……」



「失せろ」それを言われ何も言うことが出来なかった……




?「暁ったらほんとに冷たい人ね笑」





暁「……」





?「暁の追っかけちゃん?もう帰れば?笑」




美「帰りません!私は暁さんと話があります!」




?「だって〜笑」





暁「……結衣あいつらと先に行ってろ」





結「はーい」





暁「それで話ってなんだ」





美「あの人は誰なんですか?」





暁「俺の婚約者だ」





美「?!……い、今なんて……」





暁「婚約者っていった」






美「それじゃあ私はなんなんですか?」







暁「ただの遊びだ」






美「……ッ」




パンッ!




私は暁さんの頬を思いっきり叩いた。






桃「?!」






美「最低……」






暁「言いたいことはそれだけか」







美「今までの言葉全て嘘だったんですね!」





暁「そうだ」





美「あの時信じろって言ったことも!!!」





暁「そうだ」






暁さんは表情を見せ崩すことなく冷たい目で私を見て言った。





暁「話はこれで終わりか?」





美「はい」






暁「そうか」







美 「……最後に1個だけいいですか?」






暁「なんだ、」





美「この恋を……終わらさせてください……暁さんの言葉で。」






暁「お前のことはもう好きじゃない、別れよう」




ああ、きついな〜私から言わせておいて……こんなに辛いなんて……





私は暁さんにはめてもらった指輪を触りながら暁さんの手を見ると指輪をしていなかった





バカみたい……こんなのずっとつけてるなんて。でも……





美「わかりました……で、も、この、指輪は、もっていてもいい……ですか」




泣くのを我慢していて言葉が上手く話せない




暁「好きにしろ、もういらねぇーし」





美「……はい。」




暁「もう行くぞ」





美「はい……さようなら。それからこれからはあの人を大事にしてください!笑」




暁「ああ」




美「……」





最後はちゃんと応援してあげれるように、笑顔で、できるだけの笑顔をした




暁「ッ……」





暁さんは一瞬だけ顔を歪ませたような気がした。



暁さんは何も言わずに去っていった。

< 47/ 79 >