ケータイ小説 野いちご

真田くんはプレイボーイ



じゃ、じゃあ


「な、名前」


「名前?」


「な、名前で呼んで欲しい…です」


実は結構前から気にしてた


大体の女の子のことを下の名前で呼ぶ真田くん は私の事はいつまで経っても北野なんです


「な、まえ…」


ぽかんとした顔を向けていた真田くんはプッと吹き出した


「そんな事でいいの?」


そ、そんなことって…


「わ、私にとっては結構重要なの!
だって真田くん他の女の子大体下の名前だし…」


ぶつぶつと文句を言っていると


「…やきもち?」



は、はぁ!?


「そ、そそそそんなんじゃ!!」


ないと言い切れない


「…はぁーー!」


うわっ!

なに!?


「無理、かわいすぎ」


え、ええー


「いいよ。けい…」


……ドキドキ


< 48/ 55 >