ケータイ小説 野いちご

シェアハウス

新しい生活!
シェアハウス?!

〜栞里side〜

私、水篠栞里は、夜なのに公園にいます。
なぜなら遡ること夕方……


学校から帰って来たらアパートの大家さんが

大家さん「急遽アパートを取り壊しすること
になったから明日までに出ていって欲しいん
だよね〜。」

栞里「えっ、明日まで・・・ですか。」

ここより家賃安い所ないのに

大家さん「ごめんね〜。」

栞里「いえ、分かりました。」

< 2/ 15 >