ケータイ小説 野いちご

先生、好きって言って。






『古村。』





え、






先生、何でこんなところに…。








「ど、どうしたんですか?」








と、聞くと先生は1輪の薔薇を私に向け、









『おめでとう。とても、その…』





先生は何故か黙り込んでしまった。




その、の先が気になるのに。





『……き、綺麗だった。』





……っ!





先生が珍しく、顔を真っ赤にしている。







何で、そんな顔を赤くしてまで言ってくれるの。








単純だから期待しちゃう。







「…ありがとうございます。じゃあ私着替えますので。」





と、私は照れた顔を見せたくなくてすぐ先生に背中を向けた。







カシャッ







ん?今シャッターの音が聞こえたような…、







パッと後ろを振り返ると、







カシャッ








『ごめん。思わず撮った。』






「せ、先生!何で撮るんですか〜!今の振り向いた時に撮った写真絶対消して下さいよ!」




絶対変な顔になったもん。





『はいはい、消しとくから。ほら、早く着替えて教室に来いよ。皆待ってるから。』







「わかりましたよ〜。」







何で写真なんて撮ったんだろう。






この疑問はずっと消えることは無かった。








< 141/ 180 >