ケータイ小説 野いちご

憧れの学園王子と甘々な近キョリ同居はじめました♡

タラシだけど、友達思いで心は暖かいんだと、確信する。



「はい!!」



翼くんは「ほんと、なんなのこれ…」とかぶつぶつ言ってるけど。



親友さんの承認も得たことだし!



蘭にも打ち明けた事だし!



この同居生活、半年間上手くいくと良いな。



「あと、俺とも遊んでね。音羽ちゃんと蘭ちゃん」







…最後にそんな言葉を残す朔斗先輩は、やっぱりタラシでした。




< 69/ 297 >