ケータイ小説 野いちご

憧れの学園王子と甘々な近キョリ同居はじめました♡




「…音。あんた、なにちゃっかり楽しんじゃってんのよ!」



「いひゃい、らん、いひゃいよー!」



ほっぺをムニーっとつねられて、声をあげる。



「音。会長って女嫌いって噂なのに、なんか言われたり、されたりしてないの?」



心配そうに聞いてくる蘭。



分かりにくいけど、蘭はとても心が優しいから。



安心させなきゃ。



「大丈夫だよ!翼く…、じゃなくて会長は、優しくてとっても良い人だから」



自信満々に胸を張るわたしを見て、蘭は「音がそう言うなら、大丈夫だよね…」とひとりで呟いている。



「うん!」



蘭は、わたしのことを信じてくれる、大切な親友。







< 46/ 297 >