ケータイ小説 野いちご

先生、好きって言って。







そして先生は急に真剣な顔をした。







『…お前が好きなのは誰だよ。』






「……え?」






そ、そんなの、先生に決まってる。






「それは…」






『なーんてな。はい、治療完了。とりあえずここで休んどけ。閉会式終わったら成瀬が飛んでくると思うから。』





「え、あ、はい。手当てしてくれてありがとうございました。」





『ん。』





と、先生は私に背中を向けたまま右手を上げた。










先生、何で聞いてくれなかったの。







絶対私が何て言おうとしたか知っている。






先生って言うの分かってて遮ったんだろうな。







やっぱり先生との恋は叶いそうにないや。










そして、家に帰ってから両親にスペインに行くと伝えた。










< 111/ 180 >