ケータイ小説 野いちご

憧れの学園王子と甘々な近キョリ同居はじめました♡

「はい、わたしのイメージではもっとこう…、なんとかのソテーとかムニエルとか、そういう系かと思ってました」



オムライスならわたしにだって出来るよ。


豪華な外国の料理とか言われると思ってたもん、わたし。




「ふっ、なんだよ、それ」



わたしの言葉に、翼くんは優しい笑みを浮かべた。



思わず、見惚れていると「なに、どうしたの?」と不信そうに聞いてきた。



「えへへ、翼くん、笑ったらかわいいですね」



今日、最初に見た時、無愛想なのかと思ってたけど。



間違ってたかもしれない。



「…男にそれは嬉しくないんだよ」



翼くん、ふいっとあちらを向いて言うけど。



耳が少し赤いですよ?




< 26/ 297 >