ケータイ小説 野いちご

先生、好きって言って。






『なんで神木なんだよ。』





「っな、何がですか?」





『…別に。俺が……連れ出そうと思ってただけ。』





俺が、の後が全然聞こえなかった。




い、一応抱き締められているのに、




こんなに密着してるのに全然聞こえなかった。







「俺が、何ですか?全然聞き取れませんでした。」






『……っうるせ。神木とあんまり話すなよ。』






先生…もしかして。






「…ヤキモチなんですか?」






ま、どうせ違うんだろうけど。






『……あーそうだよ。』





「へ?」





『何で聞いた本人が1番驚いてるんだよ。』






だ、だって、そんなの絶対、






「っありえないです!」






と、言って先生の腕を振りほどき資料室を出た。









< 86/ 180 >