ケータイ小説 野いちご

5時からはじまる甘い罠。




「……廉くん?」



上目遣いで見上げてくる目の前の女の子は、黙ったままの俺の様子に、何にもわからずにきょとん、としている。


なんとか、いつものように微笑んだ。



「……なんで、突然?」



「……えっと……」



モジモジとする彼女は、少し頬を赤らめて、何か言い悩んでいる様子だ。


その困った顔が、あんまり可愛くて。


俺の脳内で何かが弾けそうになる。


…待て。



確かに、目の前のこの子は、付き合って3ヶ月の俺の彼女で。


この子も俺が大好きだってわかっているけど。


< 145/ 171 >