ケータイ小説 野いちご

5時からはじまる甘い罠。





昨日、トレーニングの一貫として、2人で人気カフェに行ったのだ。


はじめは男の子と2人でお店に入ることにも緊張してたのに、今は少し成長したかもしれない。


パフェはほっぺたが落ちそうなほど美味しかった。


そのときも廉くんは、慌てたり喜んだりするわたしの様子を見て笑っていた。


……ほんと、いじわる。


でも廉くんは、最後にはパフェをわたしの分も奢ってくれた。




< 53/ 171 >