ケータイ小説 野いちご

先生、好きって言って。





送って貰ったりしたから先生に移っちゃったんだ。




また迷惑かけちゃったな。





お見舞い、行きたいなぁ。
でも、家知らないし…。





うーん。






「蘭ちゃん、今お見舞い行きたいとか思ったでしょ。」




「え、何でわかったの?」




「顔に書いてあるよ。先生に会いたいって。」




さすがだな、涼は。





「うん、会いたい。でも家知らないし先生の迷惑になるかと思うと…」





「何でそう思うの?会いたいなら行けばいいじゃん。俺、先生の家知ってるよ。」





「…え!?知ってるの?!何で?」





「女の子たちに教えて貰ったんだよ。蘭ちゃんがお見舞い行きたいって言いそうだなって思って。」




涼…。




「行きたい。でも、私ね……先生に告白しちゃったからちょっと気まずいの。」




と、周りに聞こえないように涼の耳元で言った。





「えええ!!?まじ?!」



クラスの皆が驚いた顔で一斉に私達を見た。




「涼うるさいよ!」




こんなに見られると恥ずかしいじゃんか。




「ごめんごめん。…で、いつ言ったの?」



「私が早退した日。先生に帰り送って貰った時に車の中で。もちろん振られたけど。」




< 25/ 180 >