ケータイ小説 野いちご

幕末パラレル物語

「…おい、聞いてんのか」


「いいえ」


正直に答えると、土方さんは顔をしかめた。


けれど、文句を言うのはやめたようで、ため息をついて汗を拭っただけだった。


土方さんも暑さに弱いのかもしれない。


いつもの威勢がない。


「…芹沢は奥沢からお前の情報を聞き出した。これを利用する…俺たちが敵対しあってるのは知ってるな?」


「つまり?」


< 96/ 106 >