ケータイ小説 野いちご

彼女になれない彼女

「おじゃましまーす。」

店内に平良の声が低く響く。

「平良くん、今日遅かったじゃないの。」

ママが厨房から顔を出して声かける。
ママっていうのは、もちろん私のママ。

「部活でこれからの部長とか決めてて。」
「ああ、そうか、そういう時期なのね〜。」

平良は決まったように私の斜め向かいに座る。

私はテレビを見ながら宿題をしていた。

ここはもちろん店内なんだけど、お客さんは誰も私の存在を気にしない。
昔からこうなんだ。

「沙和のクラス、まだそこまでしか行ってないんだ?」

平良が私の宿題を覗き込んで言う。

「え?違うの?」

平良は無言でカバンを漁ってノートを取り出した。

「もう次のとこやってるよ。」
「早。」

ノートには見慣れた平良の字が並ぶ。
字は見慣れているが、そこに並ぶ公式には全く見覚えがない。

平良は頭がいい。
理系の特進クラスに属している。
文系の私とは、数学の授業の進み方が違うのだ。

「じゃあ平良が私の宿題やってよ。」
「やったら何か俺にいいことあんの?」

平良はノートをしまった。

「んー、何がいい?」
「なんだろうなー、何もねえなー。」

宙を見つめる平良の前に、今晩の裏定食(平良限定)がドンと置かれた。

「ごめんねー、昨日と全く一緒だわ。」
「全然いいっす、毎晩これでいいっす。」
「ほんとー?そう言ってくれると助かるー。」

ママが嬉しそうに厨房に戻る。

「俺、まじでこの鶏皮好きだわ。」

平良が小鉢に入った鶏皮ポン酢を食べながら言う。

「それもママに言ってあげてよ。」

私はそう言いながら、テーブルの上のノートに目を落とす。

宿題が終わらない。

「あ、さっきの何でもいいの?」

平良が思い出したように言う。
宿題やってよ、の流れだ。

「やれることなら。何がいい?」
「彼女。」


< 2/ 65 >