ケータイ小説 野いちご

「悪」が似合わない君と。




恐る恐る校舎に入った




まだ先生方がいるみたいで職員室は電気が付いている



先生に訳を説明し入れてもらった




…ここまではいいんだ!




ここからだ




我が教室は3階




そこまでは暗い廊下、階段を通る必要がある




ひ、ひえぇぇぇえ




電気をつけるがチカチカと点滅しやがる




ふ、ふぅ



慎重に行こう。







< 109/ 321 >