ケータイ小説 野いちご

[短]デレあま彼は危険がいっぱい

俺のお願いに真っ赤になって頷く。

可愛い。可愛すぎて今すぐ食べたい。

「璃々、我慢出来ない。食べていい?」

「もう、怜くん、ここ外だよ」

「ここでなんて言ってないよ。そんなに我慢出来ない?」

「ちがっ、、、だって、怜くんが、、、」

「ん?俺がどうしたの?」

「もお、知らない。」

「怒った璃々も可愛い。本当、可愛すぎて俺の理性ヤバい」

本当、マジで毎日毎日理性を保つのにどれだけの能力使ってるか。

綱渡り状態なの知らないでしょ。

璃々の存在そのものが俺を狂わせるんだ。

「怜くん、、、大好き。」

「、、、っ。なに、急に、、、」

「だって、言いたくなったんだもん。」

「なにそれ、、、俺、璃々に壊される」

「ふふ。怜くん変なの。壊していい?って聞くのはいつも怜くんでしょ?」

「はぁぁぁ、、、、いつか璃々にころされるなー、俺。」

無自覚な天使って怖い。


< 10/ 20 >