ケータイ小説 野いちご

冬 -Domestic Violence-



「・・・・・・・なに?
私の顔に何かついてる?」


「いやいやすんません。

カエデちゃん、田舎のお婆ちゃんに引き取られてノビノビ生活してるようですね。」


「そうだね。」


「・・・ハルカさん・・。せめて子供相手の時ぐらい笑ってくださいよ。」


「・・・・いい加減、
名前で呼ぶのやめてくれる?」





女性、お年寄り、子供。


笑わないからといって、
血が通ってないわけじゃない。

オレの隣に座る鉄仮面は、
いつも弱者の味方に立つ。


“弱きを助け、強きを挫く”


桜井課長がある日教えてくれた。

ハルカさんが警察官に・・
刑事になった理由。


ハルカさんを見た事ある仲間の一人がオレに、

“なんであんな美人が隣にいるのに手出さないんだよ!?”

と、おどけてオレに聞いてきたことがある。


だからハッキリと答えてやった。


あの人はヤリたいとか、恋愛対象だとか、
そんなチープなもんじゃない。


フラフラしながら大人になって、

なんとなく警察官になったオレが初めて尊敬の念を抱いた・・正義の味方だって。






第2章 完










< 29/ 176 >