ケータイ小説 野いちご

冬 -Domestic Violence-



「いやぁマジで、ももクロ越えてたよ!

クルミちゃんの友達ってみんな可愛いんだなぁ。」


「・・すみません、通してください。」


「ちょっとちょっと。
せっかくだから向こう行って話そうよ!」


「・・すみません、急いでるので。」


クルミの旦那さんのお友達だと思われるその顔は真っ赤で、目は少し虚ろになっている。


酔いが回ったテンションそのままに任せているのか、なかなか解放してくれない。


「あのホントにどいてください。」


「イヤだね~。じゃあLINE教えてよ。」


「・・・・・・・。」


絶対に嫌だったけど・・

この場が切り抜けられるんだったら私のIDぐらい別にいっか・・。


早くお水を飲ませないとサヤカが脱水症状になっちゃう。

少し覚悟を決めて邪魔男さんの目を見た。


「・・・・・分かり・・。」






「おい。」


・・・・・・・??

“分かりました”と答えようと思った所で、

立ち塞がっていたその人の肩が掴まれ、
一気に後ろへ引っ張られた。


「困ってるみたいだからやめろよ。」


「おっマサ~!
この子、さっきの“水色”の子だぞ!」


「分かった分かった。それより、“緑”の子がお前の事探してたよ。」


「マジ!?そりゃ行くっきゃねぇべ!」



私の事なんてもう過去だったかのように、邪魔男さんがまたどこかへ駆けだしていった。


助けてくれたこの人もお友達・・かな・・?


「あの・・ありがとうございます。」


「ごめんね。
あいつすぐ悪酔いするから。」


ようやく空いた通路。

バーテンダーのお兄さんからお水を貰った後、サヤカが待つトイレへと再び戻った。

















 



< 19/ 176 >