ケータイ小説 野いちご

好きだった

諦めて三年。

それでも、話しかけたり、ちょっかいかけたい。




けど、あいつには彼女ができた。




だいぶ最悪な噂もあった。



多くの人があいつの回りから遠ざかった

< 2/ 4 >