ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

だいさんかくけい


はあっ、、。久しぶりに走ったから、息の切れ方が半端じゃない。


公園で唯吹くんを見つけた。



唯吹くんは私達を見ると、話してくれた。



「ごめん、俺ずっと


紅菓の事が好きだったんだ」



急な告白に思わず頬を赤らめる。



「でも、紅菓も琉唯も両想いだろ?

俺だって本当は、紅菓に綿あめを買ってあげたかったし、料理だって一緒に作りたかった。
俺の入る隙なかったし、もう二人を騙すしかなかった。

二人のこと大事なはずなのに、ごめん」




涙を浮かべる唯吹くんを見て、もらい泣きしそうになる。




「違う!!!私は!!私は、、!!



ずっと唯吹くんのことが好きだったの!!」




騙されてたことよりも、誤解されてたことがずっと悲しかった。




「紅菓はそうやって優しくしてくれるけど、別に同情なんていらないから!!!!


、、、、紅菓と琉唯はベガとアルタイル、織姫と彦星なんだ。そういう運命なんだよ」



唯吹くんは初めて強い感情を私に見せた。



「、、同情なんかじゃないよ。私はいつも唯吹くんの笑顔に助けられてきたの。

運命は自分で決めるものだよ。私は唯吹くんと出会えたことが運命だと思ってるんだ。


それに、私達の名字を少し変えると、冬の大三角形になるんだ。
冬のダイヤモンドにもなる、1つ1つが星として輝いているんだよ」



涙を堪えながら私は言った。




「1つ1つが輝いている、、


、、本当に、俺なんかでいいのか?」



唯吹くんが不安そうに言う。




「お前しかいねえんだよ!!紅菓のこと、幸せにしてやれよ!」




明るく笑いながら琉唯くんが言う。



「琉唯、ありがとう。俺、紅菓のこと、一生大切にするよ」



と、前の優しい笑顔で唯吹くんが微笑んだ。






街灯の少ない、暗い公園で3つの星が綺麗に輝いていた。










そう、それは、夏の大三角形。









Fin.

< 9/ 10 >