ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

だいさんかくけい


その日は、三人でゲームや沢山話をして遊んだ。
すごく楽しかった。



気づいたら19時になっていた。


「え、もうこんな時間?!ご飯作らなきゃ」


と私が言うと、


「俺、手伝うよ」


と唯吹くんが言ってくれた。




料理をしていて、悲しくなってきた。


唯吹くんは、私のことを覚えてないのに気を使って話してくれる。



思い出が消えてしまったのが悲しくて、悲しくて、今更涙が出てきた。





「ごめん紅菓!!!!」




急に琉唯くんが叫んだ。
私は困惑した。





「、、俺、本当は」




琉唯くんが悲しそうに俯く。






「、、、琉唯じゃなくて、唯吹なんだ」






衝撃的な言葉に私は驚く。




「騙しててごめん、、俺、やっぱここにいる資格ない」




そういうと家から出て行ってしまった。



「まて!唯吹!!!!」




私と琉唯くんは、料理をやめ、唯吹くんを追いかけた。




ーーーーー


< 8/ 10 >