ケータイ小説 野いちご

それでも君を

「その問題終わったら少し休憩しない?僕が来てからもう4時間も経ってるよ。」



そう言われて時計を見ると、時刻は午後2時を過ぎていた。



「あ、ほんとだ。」



「センターも近いんだし、そろそろ体調にも気を使わないとね。」



「…うん、分かってる。」



体調、ね。


いくら気を使ってたって、崩すときは崩しちゃうからな。



あんまり考えたくないんだよね…。



「分かってるならいいけど。さっ、なんか食べよう。」



私のテンションが明らかに落ちたのが分かったのか、先生からそれ以上何かを言われることはなかった。



< 98/ 162 >