ケータイ小説 野いちご

ねぇ、僕じゃダメ?

その週末、実可子が予約した式場の見学へ

高台にある白をベースにした洋風な式場。

実可子が好きそうな雰囲気だ。

中へ案内されて、担当者がくるまでパンフレットを眺めながら待った。

「夜も素敵だねー。」

「でも、寒いよ。きっと。」

「10月、寒いかなー?」


「お待たせいたしました。担当させていただきます、桃田 沙幸と申します。」


え?

今、、、なんて?


桃田?、、、沙幸?


恐る恐る顔をあげた。

「よろしくお願いします。」

嘘、、、だろ?


< 19/ 29 >