ケータイ小説 野いちご

幕末パラレル物語

しかたなく、ため息をついてやり過ごす。


そして、隣で刀を弄んでいる総司に声をかけた。


「…総司。あいつら集めてこい」


「はーい。…でも、楽しみですねぇ」


「あ?」


くすくすと笑う総司の目は、完全に獲物を狙っている目だった。


こいつはすぐにこんな目をする。


「だって女の子でしょう?いじめがいがあるじゃないですか」


「……」


うきうきとして部屋を出て行く総司。


< 3/ 106 >