ケータイ小説 野いちご

もう一度、恋して下さい!

戻ってきた一喜が兼ちゃんに
「よ!兄貴!」と、からかわれていた


「俺ら、結婚すんだよ」

「へ?」

「私、しないって言ったよね?」

「まあまあ2人とも!どゆこと?」


事情を話すと


「なんか… 大変だな!」


兼ちゃんは、さほど聞いてなかった



「先のことなんてわかんねぇーじゃん!
なんで今、決められなきゃなんねぇんだろーな!?」


兼ちゃんもなんかあるんだろうな


漠然と思った





お酒に酔った2人が
私にからんできて



ちょっとカーディガンがずれた




ただ、それだけのこと





頭ではきちんと理解していた






< 76/ 106 >