ケータイ小説 野いちご

ウソつきオオカミくんのお気に入り


「ええ、待って、これは予想外すぎる……」

「何、俺が覚えてないとでも思った?」

「あの俺様郁也がこんなことするなんて夢にも思いませんでした」

「正直すぎだろ」

「だって……嬉しい……」


そっと袋から取り出して、華奢なチェーンを手につけてみる。キラキラと光るそのブレスレットはすごくかわいい。


「俺のもんっていう目印な」

「あれ、お花だと思ってたけど……」


シルバーのチェーンに花の装飾が施されている中、真ん中に真っ赤な林檎が一つ。


「郁也! これわざとでしょ」

「はあ?」

「林檎のデザインのやつ……選んでくれたの?」

「……似合ってる」


ああもう、すぐそうやって話ずらすんだから。


「郁也ってもしかしなくても私のこと大好きなの?」

「調子のんな」


いやこれは調子に乗らせてよ、オオカミくん。


「なあ林檎」

「うん?」

「今度の土曜日ひま?」

「土曜日?うーんと、」


頭の中をこれからの予定がくるくるまわる。舞との約束は、確か来週だ。部活にも所属していない私に予定は一切ない。


「うん、大丈夫だよ!」

「じゃあその日デートな」


驚いて顔を上げると、そう言った郁也の顔が真っ赤だから、こっちまで恥ずかしくなる。


「郁也顔赤いよ?」

「うるせえな、くそ、自分から誘ったことなんかねえんだよコッチは」


郁也がそう言いながらも、隣に座ってる私の手を握る。ずるいなあ本当に、私だって初めてなんだからね。


「ありがと、郁也」


顔は伏せて。郁也は恥ずかしさを隠すように空を見上げている。

けど確実に、二人の体温はとても熱かった。土曜日が待ち遠しくてしょうがないよ、バカ。


< 106/ 162 >