ケータイ小説 野いちご

主治医の兄

芽「お待たせ!ごめん!」

結「遅いよ~!今から、チーム分けだって!」

芽「そ、そうなんだ!」




試合開始!ピー!

小学生の頃までは一応ミニバスしてたから余裕なんだけどな。今日はダメだ……。

結「芽衣!パスっ!」


芽「おけ。」



シュート!


入った……!!


結「やっぱ、芽衣凄い!!」

芽「ハァ…ハァハァ……ありがと。」


結「芽衣、大丈夫?!」


バタッ____

そこで意識が途切れた。

< 4/ 49 >