ケータイ小説 野いちご

運命だけを信じてる


顔色を変えず、小牧さんは首を振った。


「…僕は父のようになりたくないです。このまま他に好きな人がいるあなたを束縛して、あまつさえ結婚できたとして、僕たちは幸せになれますか?僕はただ一時だけ、甘い蜜を吸いたかっただけです。だからーーもう終わりにさせて」


強引に始まって、無理矢理に終わらされる。

最後まで小牧さんのペースだね。



「ーー終わりにします。私は、大企業のご子息と吊り合えるほどの女ではないので」


小牧さんが一番、言われたら嫌であろう言葉が飛び出した。

でも謝らないわ!



素早くパソコンの電源を落として席を立つ。


「お先に失礼します。お疲れ様でした」


「お疲れ様でした」


彼の返事はいつも通りで、拍子抜けだ。
感情的になっているのは私だけか。

悲しい気持ちを抱えてオフィスを後にした。


< 193/ 260 >