ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

好きになるには理由があります(おまけの話も完結しました)




 食事のあと、深月は社殿の回廊に座っていた。

 あの日、陽太と見上げた星空をひとり眺めて。

 すると、清春がやってくる。

 黙って隣に座った。

「……あったかくなってきたね」
「春だからな……」

 しばらく沈黙があった。

 やがて、清春が口を開く。

「深月、あいつで後悔はないのか」

「今はないなー。
 でも、たぶんきっと、この先もないよ」
と言ったあとで、深月は清春を振り返った。

「夫婦ってさ、すごいよね」

 そう言いながら、深月はみんなの居る母屋の灯りを見る。

「赤の他人と一生一緒に暮らすとか。

 ……血のつながりでつながってるわけじゃないから、気持ちが冷めたら、いくら大事にしてくれてても終わりなんだろうなとか思うと、ちょっと怖いけど」
と言うと、清春が、

「俺なら血もつながってるから大丈夫だぞ」
と言ってくる。

「うん……。
 いや、それはそれで揉めたら後を引きそうなんで」

< 500/ 511 >