ケータイ小説 野いちご

好きになるには理由があります

 


 その日、陽太は初めてお面をつけて最後まで舞っていた。

 だが、裏に引っ込んだ陽太は外した途端、深月に文句を言ってくる。

「前が見づらい。
 息するとき、変な感じだ。

 フェンシングの面より違和感があるっ」

 いや、まず、フェンシングしたことありません、私……と深月は苦笑いして思っていた。

 鬼の赤い面を手に陽太は呟く。

「だが、面を被ると別人になったような気がするな。

 いつもの自分から解放されるというか。

 普段なら言えないことが言える気がするというか」
と陽太は言い、ふたたび、面を被った。

 深月を見る。

「深月。
 お前が好きだ」

「お前は、普段から言ってるじゃないか。
 ありがたみはないな」

 そう言いながら、清春が後ろを通り過ぎた。

 深月と陽太は、チラチラッと視線を合わせる。

< 272/ 511 >