ケータイ小説 野いちご

好きになるには理由があります

 



 深月が出て行ったあと、陽太は思っていた。

 英孝め。

 深月と出勤するために自転車まで買ったのか。

 ……深月は船に乗っていってくれないから、俺も自転車を買うべきなのかっ。

 いや、やはり、車を買って、朝迎えにいくべきかっ。

 いやいやいや。

 そうじゃないだろう、と陽太は思う。

 昨日、祝詞を上げる清春の側で控えていた深月を。

 装束をまとい、舞っていた深月を思い出す。

 神に仕える深月を手に入れたいのなら、俺が神に近づかねばっ。

 お前が神のものだと言うのなら、俺に神が舞い降りるよう、俺は頑張る!

 この間注意された点を思い出しながら、舞い始めたとき、
「支社長」
とノックして、営業の係長が入ってきた。

 陽太は窓からの光を背に、両手を差し上げた状態で止まっていた。

「……仕事前の準備運動だ」

 はい……と言って、係長は、ぱたん、と扉を閉めた。





< 270/ 511 >