ケータイ小説 野いちご

好きになるには理由があります





 翌朝、陽太の船が横を走っていったので、眠れなかった怒りを込めて、猛烈に自転車をこいでみた。






< 158/ 511 >