ケータイ小説 野いちご

闇に溺れて、秘密のキスを。




「それでもこんなかわいい……ああ、かわいすぎる未央のワンピース……いや、すべてがもうかわいくて」
「……着替えてくる」

「嘘!嘘だから未央!ワンピースなんて興味ねぇなー、未央がかわいくてワンピースが廃れるぜ」


すごい棒読みな上に、今度は軽くワンピースをバカにしてくるお兄ちゃんを見て、思わずため息をつく。


「お兄ちゃんはさっきから洗面所で何してたの?」


いつもは私より早く洗面所を使い終えるお兄ちゃんが、今日は私より遅かったのだ。


「何って、髪にワックスしてた。
どうだ、かっこいいだろ!?」

自慢気に言われるけれど、それよりも気になることがあった。


「…もしかして、私なんかと映画行くだけでワックスとかしたの?」

「未央なんかと、じゃねぇ!未央だからだ!
未央と並ぶのにふさわしい人間に俺はなるんだ」


確かにワックスで髪をセットしているお兄ちゃんは、オシャレ感が増していた。

さらには容姿もいいため、かっこいいのはわかる。


けれどあまり気合を入れて欲しくなかった。

万が一クラスメイトにでも会えば、誤解されてしまう恐れだってある。


「私なんか全然魅力がないんだから、そこまで気合入れてもさらにお兄ちゃんが目立つだけだよ?」

「わかってないな、未央。
自分のこの天使のようなキュート姿を自覚すべきだ」

「…………」

ここまでシスコンがひどいと、もはや突っ込むことすら諦めてしまう。


< 280/ 530 >